ある種の希望

人間性についての楽観的な考えがジェーン・マクナミー(Jane MacNamee)を勇気づけます。

翻訳:浅野 綾子

Humankind: A Hopeful History

仮訳:人間~希望に満ちた歴史

ルトガー・ブレグマン著

ブルームズベリー出版 2020年。

ISBN: 9781408898932

ホッブズを信じるべきか、それともルソーを信じるべきか。私たちは生まれながらに自己中心的なのか、それともやさしさを持つ者として生まれついているのか。何世紀にもわたって人間性についての理解に重要な問いとなってきたものが、ルトガー・ブレグマンの革新的アプローチの出発点です。ブレグマンは主張します。今こそ「新しいリアリズム (new realism)」 の時なのだと。現代社会をいまだに下支えし、人間不信の勢力を不滅にしている、ホッブズにはじまり確立された考え方に挑む時なのだと。つまり、今こそ「この社会を逆立ちさせる時」。ブレグマンはそう言うのです。

 『De Correspondent』 ニュースサイトで働き、多くの専門分野で緻密な調査を行ってきた絶頂の 7 年間ですが、ブレグマンの基本的な考え方はシンプルのようです。「ほとんどの人たちは、心の底ではかなり良心的だ」性善説を擁護するにあたり、特に権力側の人間の懐疑主義に会い、あざけりに会うことさえ覚悟しながらも、くじけることはありません。「人間にはやさしさが深く刻みこまれていると信じることは、感傷的でもナイーブでもない。逆に、人と人との調和や寛大さを信じることは現実的であり、勇気のいることだ」

 もちろん、人間のやさしさを擁護するブレグマンの前には、山となって積み上げられていく反対説の文献や研究が多数存在しています。いくつか例をあげれば、マキャベリ (Machiavelli)、ウィリアム・ゴールディング (William Golding) 作の『蠅の王 (Lord of the Flies) 』、 ギュスターヴ・ル・ボン (Gustave Le Bon) による『群衆心理 (Psychology of Crowds)』、スタンレー・ミルグラム (Stanley Milgram) のような社会心理学者の研究成果などがあります。これらすべては、文明という薄っぺらな表面をこすってみればその下にある一切の地獄が解き放たれるという中身のない理論を、さまざまな表現方法で支持します。ブレグマンが示唆するのは、この理論を最有力説として受け入れることにより、「ホモ・パピー (Homo Puppy)」 (ブレグマンいわく)の子孫として私たちに生まれつき社交性や友好性がそなわっていることを支持する、重要な証拠を見落としてしまうということです。

 これに対して当然持ち上がってくるのは、ホモ・パピーがそれほど友好的なら、いじめ・虐待から人類に対する最も忌まわしい犯罪まで、一方で幾度となく繰り返される残虐な行為がどうして可能なのかという問題です。その真実は、人間が善か悪かというわかりやすい答えではなく、人間性の逆説的な性質という形で現れます。

 私たちが身につけている、人間の社交性には悪い面があるということです。人は「集団マインド (groupish)」 になりやすい傾向があります。放浪しながら狩猟採集をしていた私たちの祖先にはたいした問題にはならなかったように見えますが、人が定住して社交性を発揮しはじめたことは、外敵脅威という感覚を増幅する引き金になりました。人の社交性は権力側にいる人たちに悪用されかねないパラドックスです。教育からビジネスや国家全体、国際関係まで、社会のすべてのレベルで互いを争わせるのに悪用されかねないのです。

(以下略)

本記事は今月号の記事です。全文は、11月までに定期購読いただくと、お楽しみいただけます。

定期購読はこちら。

リサージェンス & エコロジスト 日本版

リサージェンス誌は、スモール・イズ・ビューティフルを提唱したE.F.シューマッハらが始めた社会変革雑誌で、サティシュ・クマールさんが主幹。英国で創刊50年、世界20カ国に読者4万人。環境運動の第一線で活躍するリーダーたちの、よりよい未来への提言で、考える糧を読者にお届け。また、詩や絵などのアートに溢れているのも特徴。

0コメント

  • 1000 / 1000