インドの奪われし人々が報道映像をつくる

地域の人々が主流メディアにほぼ無視されている国では、スラム居住者、農村部の貧困地域に暮らす人々、その他の人々を「地域特派員」に育て、彼らの声を聞いてもらえるようにするビデオプロジェクトが行われています。ナオミ・キャントンが報告します。

ビデオボランティアは、アメリカのジェシカ・メイベリーとインド人のスターリンKによって2006年に設立されました。

インドの主流のメディア報道の2%だけが農村地域の問題に取り組んでいますが、そういった地域は人口の70%が住んでいるところです。とメイベリーはロンドンの最近のイベントで説明しました。 「これらの人々は、社会だけでなく、メディアでも権利を剥奪されている」と彼女は語りました。

ゴアに本部を置くビデオボランティアには、インドの165の地区に212の「コミュニティー特派員」がいます。 過去7年間で5,000以上のビデオを制作し、そのうちの1,100でビデオが指摘した問題を解決しました。

例えば、ウッタル・プラデーシュの村の子供たちが学校に通うために必要な危険な旅(2人の女の子が悲劇的に死亡しました)をある人がカバーしました。地域特派員がビデオを作った後、子供の村に学校が建設されました。

2人の子供の悲劇的な死は学校を要求するようコミュニティを動機づける(ビデオ)

カシミールの射撃場で射たれて地元住民が殺害され、負傷したことについての別の特派員のビデオにより、射撃場のリース契約が更新されないことになりました。

トッシュ・マイダン – 射撃範囲からパラダイスを取り戻すまで(ビデオ)


各映画は政府のプログラムに関する情報を提供し、最終的に行動するよう求めています。例えば、関連する政府関係者の電話番号や住所です。

ビデオは専門的に編集され、特派員は地域のコミュニティに戻ってそれを審査し、それを使用して当局にロビー活動しています。

コミュニティの特派員には、主流メディアに信頼性の高い非常勤の特派員(フリーランス特派員)がいない場所にいる、手作業による街路掃除人、自動人力車運転手、部族の人、農家、主婦などがいます。ジャーナリズムの前歴はなく、10日間のトレーニングとフリップカメラまたはタブレットが与えられます。 特派員には、ストーリーごとに40ポンドから100ポンドの範囲で、彼らが作る各ストーリーの特派員料が各地区のレートで支払われています。

「彼らはすべて貧困ラインより下で暮らしていて、多くは読み書きができませんが、誰でも強力な個人的ストーリーを語ることを学べます。」とメイベリー。

ビデオボランティアの目標は、インド各地に特派員を配することですが、メイベリーの言うモデルは、世界に渡ってメディアを民主化する助けとなるでしょう。「と言うのも、それで、より多くの見捨てられた地域の住人が力づけられ、日常的に、ストーリーを発信できるからです。」

主流のインドのテレビチャンネルは既にいくつかのビデオからストーリーを展開し始めています。

ビデオボランティアは現在、地方の人々を訓練してスマートフォンで撮影したり編集したりしています。「これはスケールアップし、何千人もの人々が貢献できる方法です」とメイベリーは言います。「これが、より多くの農村地域がオンラインになるという未来です。」

インドでは民主主義と人権が脅かされており、いかなる犠牲も物ともせず、進歩に邁進しているのだろうと彼女は言います。「中産階級の多くは、[貧困に暮らす人々]が付随的な損害であるという考えで問題ないということです。」

しかし、インドの貧困状態にある人々は怒っていると言います。「彼らは、この無差別な開発の痛みを誰よりも感じています。そういうわけで、我々は彼らの声を増幅することに非常に重点を置いているのです。」

詳細、寄付やビデオの視聴については、https://www.videovolunteers.orgをご覧ください。

ナオミ・キャントン (Naomi Canton) はフリー・ジャーナリストです。

リサージェンス & エコロジスト 日本版

リサージェンス誌は、スモール・イズ・ビューティフルを提唱したE.F.シューマッハらが始めた社会変革雑誌で、サティシュ・クマールさんが主幹。英国で創刊50年、世界20カ国に読者4万人。環境運動の第一線で活躍するリーダーたちの、よりよい未来への提言で、考える糧を読者にお届け。また、詩や絵などのアートに溢れているのも特徴。

0コメント

  • 1000 / 1000