木の伐採が都市のストリートとツイートで反対者を呼び覚ます

ナタリー・ベネットは、議論を呼ぶ施策に対する代表的な反対意見を報告している。

Facebookの猫ちゃんやワンちゃんはTwitterで議論しているでしょうか?自分を解放するようなペットの声を取り入れ、人々がソーシャルメディア上で自己表現することは何かしらの意義があることでしょう。しかし、ヨークシャー地方の都市、シェフィールドで最近広まっている新たな現象 ー ツイートする木があります。

このトレンドは、シェフィールドの多くの愛され、評価された樹木が、激しい議論の的の多国籍企業にる伐採プログラムによって脅かされているために始まりました。世界各国の注目を集め、抗議して逮捕された人々も見受けられ、政治的破滅を引き起こしました。

かつては鉄鋼の生産で有名だったものの、今日では、域内に古代の森林を抱え、環境保護の実績を誇る都市、シェフィールドでは、伐採により、葉の繁るオアシスから不毛の渓谷に変わった事例がいくつも見られます。さらに多くの樹木が脅かされています ー 危険にさらされている樹木は、よく黄色のリボンと紙のハートマークで印が付けられています。

@EllenLimeTree、@ VernonOak、@ TheDukesTree、その他のツイートされた声は、住民が苦痛を訴えようとしてきた一つの方法です。冷たい現実の損失に対する感情的な反応です。

シェフィールドの木を伐採してはならない理由はたくさんあります。汚染レベルが非常に高い都市では、郊外や繁華街の静かな道路に必要な空気フィルタです。そして、ある街路、Rustlings Road の「夜明けの奇襲」ー 住民は警察に跳び起こされ、車を動かさないとレッカーすると言われ、午前5時にチェーンソー作業が始まりました ー がやってきた同じ日に、近くで大雨により洪水が起こり、洪水を防ぐという木の役割が思い起こされました。

樹木は明らかに街路をもっと楽しく、静かな環境にします。不動産代理店は、木が並んだ通りの家は、木のない近所よりも高く評価されていると言います。野生動物の貴重な家でもあります。ある専門家は、ある地域の樹木が伐採対象となっていて驚いたと私に言いました。なぜなら、ほぼ確実にコウモリの寝ぐらであり、破壊するのは違法だからです。

樹木はまた、コミュニティの歴史の一部です。ウエストウェイ (Westways) の学校の生徒が犠牲として亡くなったことを追悼して、第一次世界大戦後にウエストロード大通りが植樹されました。 93本が植えられ、現在の間引きが始まるまでに60本が残っていて、23本がチェーンソーにかけられました。

どの木にも地元住民の物語があります ー その木の枝の下で初めて恋人と会った人たち、その木にかつて集まった子供たち。ある女性が書いています。「私には、この木は美しい。私の夫は、冬の木のおおいなる野生味、迷彩色の幹の曲がり具合が大好きです。それは生きていて、命を与え、この雑多な道の私たち一人一人のように、ユニークなのです。」

シェフィールド・ツリー・アクション・グループ (STAG) の傘の下で林立する地方組織、強力な保護団体の成長に、樹木伐採計画が直面したことは驚くべきことではありません。

彼らは嘆願し、手紙を書いて、チラシを配達しました。満席となった公開会議を開催しました。キャンペーングループの一部のメンバーは、積極的な監視に対応すべく計画された法律の下で、脅された木の下に立っただけで、その行為のために逮捕されました。

シェフィールド市議会は木の伐採決定に責任を負いますが、街路、舗装、樹木の管理は、議論の余地があるプライベート・ファイナンス・イニシアチブ (PFI) 契約の下で、25年にわたり多国籍サービス会社のアミー (Amey) へ外注されていきます。

商業会社として、アミーの仕事はその所有者の利益を最大化することです。しかし、その義務は、シェフィールドの公益にはまったく矛盾しています。都市環境の成熟した樹木にはメンテナンスが必要です。その周りに舗道を敷き詰めるには、木の根に必要なスペースを確保するよう柔軟性を持たせる必要があるかもしれません — 例えば、縁石を調整する必要があるかもしれません。

それは他の都市では都合がつくコストに思われますが、アミーは木を小さな「ペロペロキャンデーのツリー (lollipop tree)」タイプに置き換えることになるでしょう。サイズがまったく変わらず、契約期間にわたって維持管理コストを最小限に抑えます。

樹木の管理は無視されていることは間違いありません。2007年の報告書によると、市内周辺の1,000本の樹木を伐採する必要があると言いいます。しかし、今では4,000本以上が取り除かれています。

これは、多くの英国の組織に影響を与えるはるかに広い問題、すなわち民営化サービスの非常に目に見える例です。

アミーが運営する前提となる契約(商業機密で公共サービスには適用すべきではないと聞かされているもの)を見ることはできません。また、地方自治体は、公益のための決定を主張した、会社を監督し得る専門スタッフを抹殺したことも、私たちは知っています。その結果、私たちに残されたのは、はるかに貧しい都市、豊かなっていく企業 — そして、シェフィールドの環境保護の実績が注視されています。

ナタリー・ベネット氏は、2012年から2016年の緑の党のリーダーであり、シェフィールドの下院議会の候補者となる予定です。


Tree Fellings Prompt Protests In City Streets and Tweets • Natalie Bennett

A controversial programme to remove trees in Sheffield sparks opposition

リサージェンス & エコロジスト 日本版

リサージェンス誌は、スモール・イズ・ビューティフルを提唱したE.F.シューマッハらが始めた社会変革雑誌で、サティシュ・クマールさんが主幹。英国で創刊50年、世界20カ国に読者4万人。環境運動の第一線で活躍するリーダーたちの、よりよい未来への提言で、考える糧を読者にお届け。また、詩や絵などのアートに溢れているのも特徴。

0コメント

  • 1000 / 1000