BEELINE (蜂の帰巣路ウォーク)の達成

メグ・ベレスフォードが自然への脅威を啓発するクロスカントリー・トレッキングをするのにいかに感化されたかを伝える。 

アイデアが浮かんだのは、昨年6月初旬、エジンバラ南部の暖かい晴れた日の午後に歩いた後でした。 私は仲間と花の咲く庭園を楽しみましたが、咲き誇る花とハリエニシダで覆われたブラックフォードの丘を登ると何かがおかしいと感じました。 私は仲間に、彼が見た蜂と蝶の数を尋ねました。 彼は答えました。「ゼロ。」

 その散歩は、ウィルトシャーで叔母のエリザのお葬式に行った2014年9月に私が経験したことを裏付けました。 南イングランドへのこの旅の間のある日、私たちはソールズベリー平野の端にある古い農場を訪れました。

 私たちが1940年代後半にそこに越したとき、牧草地や古代の車道は、ガマズミ属の生垣で囲われ、野生の花の絨毯で覆われ、ミツバチ、蝶、トンボと、あらゆる種類の昆虫で溢れていました。 しかし、今は閑散とした景色で、鳥や動物、飛ぶ昆虫はほとんどいません。生垣は、40エーカーの畑を囲むフェンスで置き換えられました。 車道はすべて無くなりました。 私たちの古い農場には、牛も羊も、鶏も農業労働者もいませんでした。 ただ請負業者のみ、、、この変化で、私は寂しさと不安を感じました。

 モーニングサイドを散歩した後、シェットランドからイングランド南部まで、私の知る造園や栽培をしている人々に連絡をとり、彼らの気づきを尋ねました。 いつも私が「ブンブンと騒がしい」報道を聞かされてきた場所は、北部のシェトランド諸島海岸、スコットランド北海岸、そして諸島に限っています。 私が住んでいるサウス・ラナークシャーのウィストン・ロッジ (Wiston Lodge) では、マルハナバチがいますが、もっと少ないのが、野生のラズベリーが開花しているときのミツバチ、さらに少なくなりますが、 蛾、ほとんどいないのが、蝶、そして過去3年間でてんとう虫が1匹だけでした。 私たちの小さな地方の町ビガー (Biggar) 近辺に住む私の隣人の1人は、同じことを言っています。さらに悪いことに、彼女の庭の土壌には全く虫がいません。。。


We Made A Beeline • Meg Beresford

The inspiration behind a cross-country trek to highlight threats to Nature

リサージェンス & エコロジスト 日本版

リサージェンス誌は、スモール・イズ・ビューティフルを提唱したE.F.シューマッハらが始めた社会変革雑誌で、サティシュ・クマールさんが主幹。英国で創刊50年、世界20カ国に読者4万人。環境運動の第一線で活躍するリーダーたちの、よりよい未来への提言で、考える糧を読者にお届け。また、詩や絵などのアートに溢れているのも特徴。

0コメント

  • 1000 / 1000